【阪神ジュベナイルフィリーズ2019】予想・見解と、先週の結果報告(本年最後の有料会員募集)

【阪神ジュベナイルフィリーズ2019】予想・見解を中心に、先週の結果報告そして、本年最後となる【SCIクラブ】会員募集についてお知らせしたいと思います。

 

 

この時期の2歳馬でこのレースに出走して来る馬たちは、かなりの潜在能力を秘めてるか…超早熟型!

 

余りあるポテンシャルとハードなトレーニングは、この時期の若駒には負担が大きすぎるし、将来を考えるならもう少し何とかして貰いたいものです。

昨年勝利したダノンファンタジーも、その後はトライアル戦のチューリップ賞と、ローズステークスを勝ったものの、クラシック三戦とも馬券圏外…

 

有力所は何将来性を見据えてゆっくりとしたローテーションにしてもらいたい…

 

まっ!

それじゃレースが成り立たないのですが(笑)

 

毎週土日の新馬戦を【新馬屋】と称して無料でTwitterに予想を乗せてますので、遊び感覚で参考にされて見てください

 

下記をクリックでTwitterへ飛びます!

 

2歳馬と言えば当然初モノ尽くしで、コースはもちろん左右の回り方についても全くの初と言う馬も多く出走して来ます。

 

今回の阪神ジュベナイルフィリーズは右回りなのですが、前走左回り…もっと言えば、今回が初の右回りの馬もいるし、調教でも左右やってはいるものの、やはり最初はかなり戸惑う馬も多く、今回はその辺りが的中のカギになると思ってます。

 

 

右回り巧者?左回り巧者?

そもそも日本の競馬は、ヨーロッパを模範にして発達してきました。

 

最近の風潮は異なりますが、かつては長距離レースが重視されていましたし、3歳クラシックはヨーロッパのレース体系の影響をもろに受けています。そして、そのヨーロッパの競馬場はほとんどが右回り!

 

それに習って、日本では右回りの競馬場が多いと言う事です。

 

逆に、アメリカはほとんどの競馬場が左回りなんですけどね(笑)

 

理由は、競走馬も人間と同じように馬も左側に心臓があって、人間も馬も心臓を内側にしたほうがスムーズに走られるからだそうです。

 

つまり、アメリカの競馬場が左回りばかりなのは、馬がより速く走ることを追求した結果なのだと言うのが有力な説みたいです。

 

 

ともあれ、日本には右回りと左回りの競馬場があります。そこで気になるのは、関係者がレース前に発する「今度は得意の左回り(右回り)のレースだから……」というコメントです。競走馬には、得意な回り、不得意な回りというのが本当にあるのでしょうか?

 

大まかに言えば、体の構造が大きな要因で、骨組みと運動神経によって決まります。

 

人間でも、体の作りは左右均等ではなく、人によっては、左足より右足のほうが長かったり、左の肩のほうが右肩より上がっていたりしますよね。それと同じで、馬の骨組みも左右どちらかに偏っていることが多く、均等の馬はほとんどいません。

 

その骨組みのバランスが走り方に影響して、左右どちらかの回りのほうが、得意になったり、苦手になったりします。

 

どちらが得意か?と言う事はハッキリ言って走ってみないと分からない事が大半ですが、右回りに強い馬、左回りに強い馬、それぞれいることは確かで、競走成績にもしっかりと表れますのでその辺りを注視する必要があります。

 

LINEでは気分で無料情報も配信してます


  上記画像をクリック頂くと友だち登録出来ます

 

今年の【阪神ジュベナイルフィリーズ】に登録している馬で、今回初めて右回りを使う馬はウーマンズハートとサノハニーの2頭のみ。

 

新潟2歳チャンピオンのウーマンズハートは人気しそうですが、今回初の右回りなので、ここでどんなレースをするのか?によって春以降の路線が決まりそうです。

 

皆さんの注目度の高いのが、前走アルテミスSを快勝したリアアメリアだと思います。

 

同馬のデビュー戦は今回と同じコースの阪神1600メートル戦で、二着馬を1.3秒引き離す圧勝だったとは言え、当時はまだ未完成っぽく映り、その後休養で場体重もプラス20キロと成長し、結果的にアルテミスSの快勝に繋がったと言え、今回中心視されるのも分かります。

 

とは言え、対戦成績も乏しく初顔合わせと言う馬がほとんどで、紛れがあっても不思議ではありません。

 

しかも冒頭で解説した左回りに特化した馬も人気になりそうなので、ここは独自の情報からリアアメリア以外の馬をピックアップして攻めて行きたいと思います。

 

クリックすると推奨馬が見れます
⇒⇒⇒

 

同馬は逆に右回巧者と言え、前走は慣れない左回りに戸惑った結果の惜敗…

 

右回りに戻ったここは絶好の狙い目になると言えるでしょう!

 

最終追切の動きを見て最終判断したいと思ってますが、中間の動きを見る限りは、今回減っていた体重も戻して来た様子なので、状態がまともなら積極的に狙ってみたいと思ってます。

 

ステイヤーズSを無料配信で本線的中!

先週メルマガで無料配信していた【ステイヤーズS】を本線大的中させた事で、この無料メルマガは本当に多くの注目を集めてます。

 

※必ず<info@meliodas.netからのメールが届く様に受信設定をお願いします。

 

 

先週はTwitterで配信していた新馬戦の万馬券を筆頭に、無料メルマガ配信のステイヤーズSで25万馬券を見事的中させることが出来ました。

 

Twitter配信記事と的中馬券

 

そして…

これがステイヤーズSの的中馬券だ!

 

回収率は驚愕の2865%を達成!

そりゃ、25万馬券の的中だもの、当然そんな払い戻しになりますわなーw

 

メルマガの解説にも書いてましたが、軸馬のエイシンクリックは、関係者から「距離が延びれば延びるほどいい」と言われていた馬で、格上挑戦ではありましたが、今回がまさに絶好の舞台だったと言えるでしょう。

 

他にも推した理由はありますが、今回のレースでいつもは無料で情報をご覧になっている読者の方々からも絶賛頂き、僕の爆発力を見せる事が出来たのは本当によかったと思ってます。

 

 

今年最後の【SCIクラブ】会員募集
※募集締切りは12月6日(金)15時

今回特にお薦めなのが大好評配信中の

【TEKKENになろう】

今年も残り1ヶ月となって、馬券の美味しい季節になりました。

 

何故かと言うと、リーディングトレーナー(ジョッキー)争いも佳境を迎え、勝ちにこだわる関係者が増える事や(もちろん目標勝ち星もります)地方競馬ではこの時期、来年の降級を睨んだ賞金加算調整を目論む陣営の駆け引きが多く、正に『餅つき競馬』さながらの大波乱馬券が飛び出す事も多いからです。

 

個人レベルで上記情報を仕入れるのは100%不可能なので、そんな時は僕の情報力をお役に立てていただきたいです。来年も皆様と共に大勝利と行きたいとの想いから、今週ご入会の方全員に、TEKKENのATMと比喩される大井開催で、【TEKKENになろう】を一週間のみ配信させて頂きます。

 

ご入会ご希望の方は下記からお問い合わせください

こちら⇒【SCIクラブ】ご入会フォーム

 

今月…とは言わず、今週の大井開催だけで、大幅なプラス収支に持って行けると確信してますし、中でも開催三日目(水曜日)のレースで、大穴馬の激走情報を独占入手!

 

 

今年最後大チャンスをお見逃しなく!

 

各種お申込み・的中報告は下記まで!

 

※相互リンク・RSSは現在受け付けていません。