【CBC賞2019】予想・見解と、効率のいい新馬戦の買い方!

【CBC賞2019】予想・見解と、効率のいい新馬戦の買い方を書きたいと思います。

 

 

今週から待ちに待ってたローカル夏競馬開幕

その初っ端を飾るのがCBC賞

高速馬場必至!

波乱必至!

何とも楽しみなレースになりそうですね♪

 

夏は牝馬!

この格言を体現する様なレースが多く、力は抜けてるはずなのにどうしても勝てないと言った摩訶不思議馬が多く見受けられるのもこの季節特有の現象ですね。

 

皆さんも一度は聞いた事ある夏負けについても、後ほど少しだけ解説したいと思います。

 

 

冒頭でも触れましたが、CBC賞は何と言っても軽量牝馬の前残りが目立ちます!

 

中京で施行された10年間で、逃げ・先行馬が絡まなかったレースは、2015年のみで先行馬は最低でも1頭、もしく2頭馬券に絡む極端に先行有利なレースが多いです。

 

なので、必然的に怖いのが…
ハンデに恵まれた牝馬の前残り!

2016年2着のラヴァーズポイントは、前走1600万下(現3勝クラス)でコンマ6秒差で負けているとは言え、芝1200mで1分7秒台の持ち時計があり、重賞でも3着に来たことのある馬だったのに斤量が50キロだったのは恩恵を十分活用した結果でした。

 

今年該当馬は?と思い馬柱を眺めていると…

アウィルアウェイ
ラベンダーヴァレイ
キョウワゼノビア

上記3頭が面白そう!

中でもアウィルアウェイは、京王杯2歳Sは馬の後ろで我慢して上がり3ハロン32秒8の脚を使ったし、距離不安だった。フィリーズレビュー(7着)は、1番人気でポジションを取りにいった分掛かったし、桜花賞は明らかに距離が長かった。絶好の狙い目なのだが、皆見るところは同じの様で、現在1番人気の指示を集めていて、何だか狙い辛い…前半いかにうまくコントロールできるかがカギになる。突き抜ける脚はある馬だが手を出し辛い。

 

残った2頭の内、TEKKENが注目している馬がキョウワゼノビアです!

 

名門角田厩舎二頭出しのうちの一頭で、京都牝馬ステークスでも、デアレガーロからコンマ8秒差の7着で今回の斤量(52キロ)は美味しいの一言!

 

あと、格上セイウンコウセイだが、今週から美浦のウッドコースが改修のため閉鎖されたが事で前走程の仕上がりはよくなく、調整過程に不安が残る以上は軸馬に推奨する要素は皆無です。

 

大きな理由は、改修工事のためセイウンコウセイは、1週前の金曜日に追い切りをすませ、今週はさっと追い切る予定でしたが、実際の追い切りは坂路で800メートル54秒7、ラスト1ハロンは11秒8の時計が出てしまてます。

 

これは明らかにオーバーワーク

関係者からも「そんなにやるつもりはなかったんだけれど…」と不安の声も上がっていました。

 

こんな破格の時計を出すあたりは「さすがG1馬」と言いたいところですが、今回58キロというトップハンデと言う事もあり、僕は今回セイウンコウセイは軽視してもいいと思っています。ただ、道悪巧者と言う事もあり、極端に馬場が渋れば、3連複のヒモに入れざるを得ないと考えてます。

 

そろそろ最終見解を来ますが、今年のCBC賞は例年以上に荒れそうです。当たり前の様にテンのラップは高速になる見込みで、ここはリピーターホースのこの馬から行きたいと思います。

 

クリックすると情報馬が見れます
⇒⇒⇒

 

前々走は17番枠から、馬群の大外をまくって4角先頭という強気の競馬!

 

さすがにラスト1ハロンは脚が鈍ったが、コーナーで11秒0前後の速い脚を2ハロン続けたところに価値を見出しました。前に壁ができず掛かったことを考えれば、負けて強しの内容で、あのダノンスマッシュとの0秒4差を鑑みると、ここで勝ち負けは当然と言えます。

 

CBC賞の買い目は、有料コースの【SCIクラブ】で公開しますが、軸馬はランキングに記載してますので、よかったら参考にされて見て下さい。

 

無料メルマガで今週予定なのが…超難解なスーパー未勝利戦!重賞レースだけが競馬ではないですし、前半稼いておけば、後半楽になるは僕にとっても同じことです。ご期待下さい

 

※必ず<info@meliodas.netからのメールが届く様に受信設定にしてください。

 

 

最近LINE@でも結構無料予想を配信してますので、ご希望の方は下記LINE@から友達登録をお願いします。

 

※上の画像をクリックで友達登録出来ます

 

 

効率の良い新馬戦の買い方

今回は新馬戦で儲けるために覚えておきたいポイントを紹介します。

 

ついに夏の2歳戦がスタートしました!
中央・地方競馬問わず、今まで一回も走ったことのない馬たちがデビュー戦を迎え、そこで初めて競走馬になります。

 

当然ですが過去の成績が存在せず、予想が難しいとされる反面、将来のダービー馬と一生未勝利馬が一緒に走るので、解りやすと言うツワモノも多いです(笑)

 

データがなく、不確定要素が多い事から、新馬戦と障害はやらないという人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、新馬戦ではのちにGⅠを勝つような馬が低評価になっている事もあるので、そんな素質馬を見抜ければ、かなりおいしい配当にありつける可能性も秘めてるんです。

 

新馬戦では良血馬が人気になるケースが多いですね

 

確かに両親や兄弟が重賞レースで活躍している様な馬は、単純な確率論で言うと好走する可能性が高いのですが、それがそう簡単でないから競馬は余計に面白いんです。

 

調教で全くタイムが出ていないのに、血統だけで人気になるパターンも多々ありますので、調教タイムにも十分注意しながら馬券検討を進めて行きましょう。

 

栗東坂路コースなら、800mが53.5秒以内、ラスト12秒台で走れている馬はスピード負けすることはまずないと思います。特に新馬戦が短距離戦が多く、調教タイムは最も重視できるファクターになります。

 

中央競馬の関係者は「キンシャサノキセキ産駒だから芝の短距離がいい」とか「サウスヴィグラス産駒がダート走るはず」と言う先入観でレースに使われる調教師が少なからずとおられるのも確か…

 

サウスヴィグラス産駒全てがダート適性があるわけではないですし、キンシャサノキセキ産駒全てが他距離得意と言う訳ないんです(笑)

 

パドックで馬体を学ぶときは力差があることで判断しやすくなるので、僕はその力量差を図る相馬眼を養うために地方競馬のパドックをよく見ます南関意外の地方競馬では上記に挙げた「力差」が顕著に現れる事もあり、走る馬と走らない馬の違いが結構ハッキリ分かったりしますので皆さんも一度ご覧になって下さい。

 

もちろん、地方競馬はほとんどがダートでレースが行われますが、芝血統・芝向きの馬体でも普通に好走しますので注意も必要です。

 

これから夏競馬が開催されると共に新馬戦が毎日組まれますが、今回挙げた調教タイムや先入観なしでの出走馬同士の比較を思い出して馬券検討にお役立て頂けたら幸いです。

 

 

使い勝手が最高」と大好評!

TEKKENのLINEスタンプ

 

※これも画像をクリック頂くだけでご覧になれます

 

各種お申込み・的中報告は下記まで!

TEKKENへメール

 

 

【ご入会前の注意事項】