【凱旋門賞2019予想】最強牝馬エネイブルが沈む日がついに来た…

今週土曜日の午後11時05分【凱旋門賞】がパリロンシャン競馬場で行われます。

 

 

世界の注目は何と言っても、史上初の凱旋門賞三連覇に最も近い存在であるエネイブルでしょう!

 

これがどれだけ凄い事であり難しい偉業なのか?

日本国内においても、同GⅠ競争三連覇を達成した馬はおらず、強豪が一堂に会する世界最高峰のレースでもあり、どんなに強い馬が毎年同じ状態で…いや、同じ状態で出走出来たとしても、相手も変わる事から連覇する事は天文学的に難解な事なんです。

凱旋門賞が行われるロンシャンの2400メートルは、スタンドの改装を行ったため、3年ぶりの開催になりますが、コースのレイアウトそのものは大きく変わってません。

 

 

今回舞台になるロンシャンのコース形態は、1、2コーナー中間からスタートし、最初は長い直線を1000メートル近く駆け上がり、その後は2段階に分けて、右にカーブし、最初は緩やかに坂を下り始め、カーブの角度がきつくなったところから始まるのがフォルスストレート。

 

最後の直線は500メートル超!

直線自体は平たんで末脚の切れ味を要求されますが、長い坂を下ってきた後のため、持久力も要求される超タフなコース形態で、これまで数多の名馬を苦しめて来た名物コースなんです。

 

ある海外エージェントがいってました…

「牝馬は急に母馬になる瞬間がある。調教では分からないし、突然楽することを覚えてしまうんだよね。と…

 

 

昨年は苦肉の策といえるローテだったと思うけど、それでも結果を出すんだから、どれだけ強いんだという話しですが、世界の女傑エネイブルと言え、牝馬であることは間違いなく、ポカもいつかはやって来るもの。

 

一節によると、今年の上位人気勢は不安要素を抱えていると言われていて、大波乱の結着も十分にあると言え、例年荒れるレースとして有名な凱旋門賞だけあって、いつも以上に各陣営の状態を把握しておく必要があると言えます。

 

世界最高峰のレースに出走すると言う事は、どの馬にとっても名誉なことであり、出るだけで『箔』が付くとまで言われている事を踏まえると、中には「多少無理してでも出走したい」と言う心理状態の陣営も必ず居ると思って間違いないです。

 

そう!ダービーと心理と酷似してます

ダービーが3歳限定で一生で一度しか走れないのに対し、凱旋門賞は一定の条件と、トライアル戦、推薦等をクリアすれば出走可能なのですが、何度も言う様に凱旋門賞はダービー以上に狭き門!

 

近年の傾向は最近では浸透つつありますが、過去10年で7勝を挙げているのが牝馬が絶対的優位…

 

斤量差と言う面だけ言っても、3歳牝馬であれば古馬(牡馬)との斤量差は約6.5キロあり、簡単に埋められるハンデ差ではないと言えます。

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
無料登録で厳選買い目無料公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

強敵はエネイブル以外に、英インターナショナルSで強豪クリスタルオーシャンを下した名伯楽オブライエン厩舎が送るジャパン、ニエル賞を制した仏ダービー馬ソットサス、前走のアイリッシュチャンピオンSを制したマジカル、そしてドイツG1バーデン大賞を14馬身差で圧勝したガイヤースなど、どの馬が勝ったとしても不思議ではなく、僕の見立てでは今年も日本勢にとっては厳しい戦いになると思ってます。

 

特に、ジャパンは日本でもお馴染みの名手Rムーア騎乗で、キングジョージでエネイブルと死闘を繰り広げたクリスタルオーシャンを前走破っており、3歳馬と言う事もあって斤量も軽く、打倒エネイブルの一番手に期待されているのも納得出来ます。

 

地元フランスからの刺客は、もちろんソットサス!6月のフランスダービーをレコードで勝利した快速馬で、馬主はアメリカの実業家ブランド氏で、「ブラッドホース」電子版はでも同馬の事が大きく取り上げられており、その期待の高さが伺えます。

 

しかも、ダービー前のリステッドでは重馬場をものともせず6馬身差の圧勝で、馬場状態が悪化した場合同馬の出番になる可能性が非常に高い有力馬です。

 

長々と今年の凱旋門賞について書きましたが、今回僕が最も注目している馬を発表します!

 

クリックすると推奨馬が見れます
⇒⇒⇒

 

安定感はメンバー中随一で、春に三連勝してからは、三戦連続2着。それでも今年は先着を許した馬が今回1番人気のエネイブルとクリスタルオーシャンだけ。

 

エネイブルとの勝負付けは済んでる感はあるものの、今回ピークを過ぎたエネイブルがポカをすれば取って変わるのはこの馬以外いないと思ってます。

 

なお、今年甘く見られている日本馬についてですが、今年に限って言えば、フィエールマンとブラストワンピースは『有り』だと言って置きます。

 

国内オッズがどれくらいに推移するか分かりませんが、大手ブックメーカーであるアメリカのウイリアムヒルでは単勝フィエールマンが17倍、ブラストワンピースは34倍と軽視気味でもあるので、特にキレる脚はロンシャンでは必要なく、父ハービンジャーが目覚めれば一発あるブラストワンピースは、人気薄なら積極的に狙ってみたいと思っています。

 

無料メルマガでは、凱旋門賞の買い目を大公開!土日の中央競馬重賞レースの有力情報も当日配信を予定してますので、是非ご登録下さい。

 

※必ず<info@meliodas.netからのメールが届く様に受信設定にしてください。

 

 

先週土日の無料配信が連続的中!

いつも「無料はどうせ当たらない様な二番煎じのレースしか配信してないんやろ?」って言われてますが、そんな事はないですよ(^^;

 

確かに有料配信は、会員様から対価を頂いて配信しているので必要以上に情報の精査を行ってますが、無料配信とは言え決して手を抜きません!

 

メルマガ読者の方からたくさんの的中報告を頂くのは嬉しいものですから。

 

無料配信的中馬券

土曜日阪神9R【戎橋特別】

 

日曜日中山11R【スプリンターズS】

 

有料コースのVIP推奨レースも的中してます

 

何故か得意のはずの大井競馬の前半戦で少し凹んではいますが、今週も中央競馬は極秘情報満載!

 

中央競馬激アツ情報馬予告

今回中山をパスして東京を狙って使ってくるアノ極穴馬が、とうとう出走!

 

実は先週からこの馬の事を関係者から聞いて心待ちにしてました。前走二桁着順なので、ガチで全く人気ありませんが、ここは完璧に仕上がってると聞いてますし、東京コース適正は抜群…今回VIPコースへご入会頂くと、平日の大井競馬の情報がもれなく付いてきます!

 

【SCIクラブ】10月度会員募集
※締め切りは10/4(金)

競馬は馬が走りますが、時として人間の意志が色濃く反映されるもの…

 

僕の持論ではありますが、裏情報なくて高額的中馬券は望めないとまで思ってます。この機会に是非SCIクラブへご入会下さい。

 

お申込みは下記フォームからお問い合わせ下さい

【SCIクラブ】お申し込みフォーム

 

LINEでは気分で無料情報も配信してます


  上記画像をクリック頂くと友だち登録出来ます

 

<通常日>
無料メルマガは毎日配信予定
※毎週火曜日は有料配信はお休みです。

 

各種お申込み・的中報告は下記まで!

TEKKENへメール

 

※相互リンク・RSSは現在受け付けていません。

本日は以上になります。